ホーム > 求人情報 > ヤンセン ファーマ株式会社

求人情報

第二回 ヤンセン ファーマ株式会社

本社外観ヤンセン ファーマ株式会社は、1978年設立の中枢神経系領域、がん領域、真菌・感染症領域、鎮痛・麻酔領域の4つに重点を置く医療用医薬品メーカー。2002年に世界最大級のトータル・ヘルスケア・カンパニーであるジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の100%出資企業となり、著しい成長発展が業界で注目されている。また、在職者の平均年齢も34歳と若く活気に満ちていることも、成長企業の大きな特徴だ。

「J&Jには、経営理念『我が信条(Our Credo)』があり、世界中のJ&Jグループで共有しています。このOur Credoは、企業活動を通じて顧客・従業員・地域社会、そして株主への責任を果たしていくことを誓ったもので、これを規範に、私たちヤンセン ファーマ独自に、すべての社員が共有すべき「志と経営の基本指針(ビジョンステートメント)」を示した『Our Challenge 2005』を作成しました。このビジョンや信条を遂行し実現することが、私たちが思う理想の社会になるのではないかと考えます」と語るのは、人事本部人材開発部採用グループの栗山和久さん。

栗山 和久さん写真
栗山 和久さん

Our Challenge 2005は、ヤンセン ファーマが「こうありたい」と思う自社の将来像と、目指す「より良い会社」の姿を表したもので、そのためには「どのように行動(挑戦)したらよいか」をそれぞれ「4つの挑戦」として具体的に示しているもの。

一つ目の挑戦として、「良き企業風土」が挙げられ、会社における立場に関係なく、風通しのよい環境で自由闊達に真剣に議論し、知恵を出し合うこととある。二つ目の挑戦は、「良き企業風土」の上に、明確なリーダシップのもと戦略・プロセス・人材を整備して「優れた組織力」を築くことにあるとしている。

栗山さんが「具体的に行なっていることを挙げるなら、他社と比べて階級が少ないのでピラミッド的ではなく、フラットな組織運営と言えると思います。また、役職名を付けず『○○さん』と呼んでいます。社長も『関口さん』と社員から呼ばれることが、フツーです」と、「良き企業風土」への実践例を紹介してくださった。

渡會あかねさん写真
渡會あかねさん

また、同グループの渡會あかねさんは、「日本の企業と外資系企業の“いいところ”を併せた企業風土が根づいていると思います」という。

国内企業では「どう取り組んだか」を重視する傾向にあり、結果が出なくても 「頑張った。または頑張ってきた」ということで評価されることもある。しかし、その一方で、成果が出ないことにより収益が損なわれたにもかかわらず、「なぜ彼だけが評価されるのか」という不信にもつながり、チームワークの乱れも懸念される。

逆に、外資系企業では成果や結果を求められがちで、ビジネスライクに徹している印象があり、案件に対する取組みや経過の努力があまり報われなかったり、他者との関係性などが軽視されがちだったりする。

「もちろん、結果や成果は重要なことですが、私たちヤンセン ファーマは、仮にビジネスとして成果があがらなかった場合でも、『アプローチや取組み方はどうだったのか』などプロセスも評価の対象のひとつとして捉えています。」と渡會さん。

社内風景最後に、「どういう人」を求めているか尋ねたところ、「『やってみたい』と思ったことを思いっきりできる会社ですから、体のことを知りたい、薬のことをよく知りたい、社会貢献に関わりたいなど『やりたいこと』を持った方を求めていますし、そういう方がヤンセン ファーマの業務を通じて成長できるのではないでしょうか」と締めくくってくれた。

募集職種一覧

求人情報トップへ

このページの上へ
積極採用企業

ピジョン株式会社
ピジョン株式会社

株式会社三菱東京UFJ銀行
株式会社三菱東京UFJ銀行

株式会社トゥモローランド
株式会社トゥモローランド

サミー株式会社
サミー株式会社

NTTコムウェア株式会社
NTTコムウェア株式会社

株式会社セイクリッドバブーン
株式会社セイクリッドバブーン

インフォコム株式会社
インフォコム株式会社

株式会社みずほコーポレート銀行
株式会社みずほコーポレート銀行

アクセンチュア株式会社
アクセンチュア株式会社

みずほ証券株式会社
みずほ証券株式会社

ディー・エイチ・エル・ジャパン株式会社
DHLジャパン株式会社

ヤンセン ファーマ株式会社
ヤンセン ファーマ株式会社