ホーム > 転職ノウハウ > 転職ガイド > 3. 求人情報の探し方

転職ガイド

3. 求人情報の探し方

転職活動で必要なのはやはり情報収集。新卒の就職活動の場合は学校からの指導もありますが、転職活動の場合は、能動的に動いていくことが必要不可欠になります。仕事を続けながらの転職活動の場合は時間的にも限られるので、効率的にすすめていく必要があります。

求人情報の探し方としては以下の方法があります。これらの方法の各々の特性を良く知り、上手に組み合わせていくことによって、大幅に効率化できるはずです。焦らず、じっくりと意中の求人が見つかるまで根気強く探しましょう。

インターネット
情報が新鮮。ネットからの直接応募が可能。また企業のHPには会社情報などが詳しく載っているので企業研究にも役立つ。在職中で時間がない人はいつでも情報を引き出せるので便利。
人材紹介会社
自分に適した仕事についてコンサルタントに相談し、アドバイスを受けることができる。時間がない方は情報の取捨選択をコンサルタントに任せることで時間を有効活用できる。また一般には公表されていない求人情報を得ることも出来る。
新聞
情報を簡単に手に入れられることと新鮮さがメリット。新聞の種類によって求人情報の内容が異なる(英字新聞なら外資系企業が多いなど)ので適切なものを利用する。 Uターン希望の場合は地方紙を活用すると良い。
求人情報誌
情報量が多い。業界別や職種別に分類されおり、また会社の基本情報なども掲載されているので比較検討しやすい。
経済誌・業界誌
業界誌の場合には、その業界に限定されて求人のみが掲載されているので、求人の絞り込みに役立つ。また異業種転職の際の業界研究にも使える。
会社案内
会社の細かい業務内容を理解することができ、その会社を知るには欠かせない。最近では企業のHPでも同様の内容を得られたり、会社案内のPDF版を手に入れることもできる。
ハローワーク
多種多様な職種の求人情報を閲覧できる。企業名が伏せられているので事前の会社研究はできない。
人脈・口コミ
友人や知人などの個人的なつながりからの口コミ情報も有力な情報源。人材紹介会社と同様に一般には公表していない情報が得られるし、また実際に働いている人から職場の雰囲気等も聞くことが出来る。

各々メリット、デメリットがありますが自分の転職活動の目的、行きたい企業などにより、それぞれの媒体を使い分けると良いでしょう。

エランシア活用メリット

  • 情報の見方が分からない場合も適宜アドバイスを受けられます。
  • 一般に公開されていない求人情報を得ることができます。
  • 「High BRID」上に公開されている情報は希望条件などによって、検索したり、またその検索条件を保存しておいて後日再検索することもできるので便利。
  • 個人ではなかなか得られない求人企業の情報をエランシア経由なら知ることができます。
  • スカウティングを利用することで、自分から求人情報を探すのではなく、企業からのスカウトを待つことができます。
  • 企業の障害者雇用状況、オフィスの設備などについても予め情報を持っているので、安心して応募できます。

スカウンティングとは

エランシア「High BRID」 上に登録してある履歴・職務経歴の内容を匿名で企業に公開し、企業からのアプローチを待つことです。 スカウティング利用の可否については、ご登録の際に決定いただきます。スカウティングのご利用は、レジュメの内容を全て入力いただいた後、適職診断アンケートご回答、転職エージェントとの面談を経て初めて可能となります。

Merit 1:匿名で情報を公開
氏名・都道府県以下の住所・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、企業には伏せて公開されますので、個人を特定される心配はありません。また、弊社でスカウティングの内容を把握した後、会員の皆様に連絡を行いますので、不安な点などがあった場合には、まず弊社の転職エージェントにご相談いただくことが可能です。
Merit 2:チャンスの拡大
自分の適正に合った仕事を見つけるのは大変なことです。スカウティングでは、企業があなたを探してくれますので、思いもかけなかった仕事に出合うことができ、チャンスが広がります。
Merit 3:将来の転職活動に利用
今現在は積極的に転職を考えていなくても、自分の能力をより発揮できるような仕事があれば転職を考えたい方には、企業からのスカウティングで思いがけない方向で、道が開けてくるかもしれません。

尚、今の会社や取引先などに転職活動していることを秘密にしたい人は、特定の企業からのアクセスをブロックすることができます。この設定をしておくことで、安心して自分の情報を公開し、他社からのスカウティングを待つことができます。

転職ガイドトップへ

このページの上へ